読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざ出産!

前回出産前の不安を書きましたが…結論を言うと、出産自体はそこまで大したことはなかったです!(私の場合)

陣痛で気絶するとか、何十時間も苦しむとか聞いていたので怖かったのですが、私は初産にも関わらず6時間のスピード出産!

大変だったのは産まれる前の2時間くらいで、それ以外に記憶にある嫌なことといえば、破水した後につけてたオムツみたいなのが気持ち悪かったなーということぐらいです。

流石に産まれる2時間前となると陣痛がピークで、もう無理〜とか言ってましたけどね。

 

そんな私でも思う…出産時に夫は頼りにならない!

助産師さんに言われて、一生懸命腰をさすってくれたりするわけですよ。いや、ありがたいんですけどね。ぜんっぜん、そこじゃないよ!って感じなんですよ。まぁ仕方ないですけど…私だってどこさすれば良いかわかんないですから(^_^;)

 

あと、助産師さんに呼吸の仕方とか注意されるんです。「吸ってばっかりじゃなくて吐いてー!フー!フー!」って。で、夫も一緒に「フー!フー!だよ!」とか言ってくれるんです。

夫に向かって「うるさい!黙って!」とキレてました。なんかね、夫に言われるとムカつくんですよ。だってわかってるんです。呼吸の仕方とか出産前に勉強してましたから。でもテンパってできないんです!助産師さんに言われても思わないんですが、夫に言われると「じゃあ、お前この状況でやってみろよ!」と思っちゃうんですよね。

 

いないよりは、いてくれて良かったと思います。産まれた瞬間の感動を分かち合えますし。でも頼りにはならないですね。あまり周りでも出産の時に旦那さんに助けられたーみたいな話は聞いたことがないので…これから出産される方、あまり旦那さまには期待しないでおくことをオススメします。

出産前の不安あるある

出産予定日が近づいてくると、もうすぐ我が子に会える楽しみと同時に、無事に産むことができるのかという不安も感じますよね。

 

陣痛ってどんな痛み?

生理痛のすごく重いやつ、とか、

ドリルでえぐられるよう、とか、

いろいろ聞きますよね。

どのくらい痛いのか、果たして自分が耐えられるのか…とても不安になります。

 

鼻からスイカって本当?

よく聞きますよねー鼻からスイカ。

「マジで無理だし!本当にだったら死ぬし!」

と思っていたのは私だけではないはず…。

 

産まれてくる子は健康なのか?

もっと率直に言うと、障害等がないかどうか、です。

先天的な障害をお持ちの方には大変失礼なお話かと思いますが、やはり自分の子供には障害等なく健康に産まれて欲しいと思うのが親ゴコロです…。

 

 

でも私は我が子に会えるワクワクと、この重い体から解放されるという期待感の方が強くて、早く産みたいなーと思ってました。

そんな楽観的で大丈夫だったのか?!次回は実際の出産時を振り返って見たいと思います!

里帰りあるある

出産予定日の6週前に関西の実家へ里帰りしました。(住まいは東京です)

 

里帰り時の心配事

うちの場合は共働きにも関わらず、家事が全くできない夫が、1人で生活できるのかがとても心配でした。

一応、これを見越して妊娠発覚後すぐに洗濯と掃除は教えておいたので、なんとかなるとは思うものの、帰ってきたら部屋がとてつもなく汚かったりするんだろうなーと不安でしたね。

結局は意外と綺麗にしてて拍子抜けでしたが。

ちなみにうちの夫はこの時、小学校以来初めてトイレ掃除をしたそうです。今時男だからってそんな人いるんですねぇ…。でもよく頑張ってくれたと思います。

 

里帰り中、母親が優しすぎてソワソワ

私の両親にとっては初孫を妊娠中の私。里帰り中は母親が私に対して優しすぎてなんだかソワソワしてしまいました。

バランスのとれた美味しい食事を毎食用意してくれて、布団の上げ下げまでしてくれるのでずっと旅館にでも泊まっている感じです。

しかも久しぶりに母親と毎日ゆっくり会話をしたり、買い物に行ったり、今思えばあの時はあの時で本当に幸せな時間でしたね。

 

「里帰り中に母親が優しすぎてちょっと戸惑う」あるある!

妊娠中、見知らぬ人に優しくされると泣きそうになる

引き続き妊娠中のお話。

 

マタハラとか、マタニティマークを付けてたら嫌がらせをされたとか、嫌な話も聞きますが…

私はそんな嫌な経験はありませんでした。むしろ優しくされることが多くて感動してましたね。

 

電車に立って乗っていると、結構遠くから声をかけて席を譲ってもらえることもありました。

1つの電車に乗る時間は長くなかったので、あまり譲って欲しいと思っていたわけではないのですが、ご好意は素直を受け取る派なので譲ってもらったらありがたく座らせていただきました。

 

優しくされると涙が…

ある日、電車に乗り込んで2駅くらい過ぎたとき、前の人が顔を上げた瞬間、びっくりしたように立ち上がって「すみません!気づかなくて…!」と。

いやいや、ここ優先席でもないし、むしろこんなところに妊婦が立っててすみませんって感じだったのですが、この時も座らせていただきました。

「電車揺れると危ないので気を付けてくださいね、遅くなってすみませんでした」と言って去っていく紳士…!

譲ってくださる方はおばさまが多かったのですが、この方は私より少し年上と思われるスーツの男性。

ここまで書いて、今の私の感想は「やるじゃん!日本男子!」なのですが、妊娠中はホルモンの関係なのか感動しやすくて、「こんな私にここまで優しくしてくれるなんて…なんて良い人なんだ!きっと仕事もできるに違いない。あぁ、今日は良い人に出会えた!」となぜか涙が出てくるという…。

 

妊娠中って本当に些細なことでも感動して泣いちゃったりしませんでしたか?

私は特に他人からの優しさに弱かったです。

見知らぬ人だけじゃなく、会社の人もみんな優しくしてくれて、ありがたかったなぁ。

 

悪阻(つわり)で苦しい時のイライラあるある

妊娠中の悪阻は、なんともない人から本当に苦しい人まで色々ですね。

悪阻にも色んなパターンがありまして…

・気持ち悪くて吐いてしまう吐きづわり

・常に何か食べていないと気持ち悪くなってしまう食べづわり

・寝ても寝ても眠くなる眠りづわり

・よだれ(唾)が大量に出るよだれづわり

など。

私は吐きづわりとよだれづわりが酷かったです。

 

夫が悪いことをしたわけではないのに、夫に対してひたすらイライラする

中には妊娠中の妻に対して優しくしてくれない人もいるようですが、大概はいつもより少しは気を使ってくれる旦那さまが多いと思います。

でもね、ちょっとくらい気を使ってもらったくらいじゃイライラは募るばかり…。

悪阻が酷い人ほど顕著なのではないかと思います。

 

私は人よりも吐きづわりが酷くて…水を飲んでも吐いてしまうので、最終的に入院したくらいです。

入院するまで、ノロウイルスに感染したかのごとく、ずっとトイレで吐いているわけです。

しかも数日では治らない!!まさに地獄です。

夫も「大丈夫?何か食べれるものない?」と聞いてはくれるのですが、水も飲めないのに食べられるわけないでしょ!とイライラ。ちなみに、キレる体力はありません。

仕事の付き合いで飲んで帰ってきては、人がトイレで吐いているのに、お風呂場や洗面所で鼻唄を唄う夫…。殺意が芽生えますよ。換気扇が繋がっているのでトイレによく聞こえるんですよね。。

夫以外にはイライラしないんですけどね。

「どうして2人の子供なのに、私だけがこんなに辛い思いをしなきゃいけないの?!」と思ってひたすら夫にイライラするわけです。

 

最強のイライラは「太ももが細ももになってる!」

結局、私は脱水症状とビタミン欠乏症を伴う重度妊娠悪阻で入院しました。

なんとか夫に半休を取ってもらい、タクシーで大きな病院に連れて行ってもらいました。

ちなみに私は入院する3週間前から仕事はずっと休んでいます。1時間に何度も吐くのでとても仕事には行けなかったですね…。

妊娠して働けなくなるのは女性です。男女平等なんて無理な話ですよ。

 

入院中は24時間点滴で水分と栄養補給です。

もともと44キロだった体重が、入院時には35キロになってました。

妊婦の皆さん、無理せずにもっと早く病院へ行きましょう…。

 

そして入院着に着替えている時に、病室で付き添っていた夫が一言…

「太ももが細ももになってる!笑」

もともと上半身が細く、脚が太かった私。脚もガリガリになっていたので事実ですが、「笑い事じゃないし!」とキレる体力はなく、やっぱりイライラ。

男性というのはどうして女性がイライラするようなことを笑って言うのでしょうか。

普段なら痩せれば嬉しいところですが、お腹の子を守らなきゃいけない時に痩せてなんていられません。

冷静に考えるとイライラを通り越して呆れますね。

 

こんな風に妊娠中、夫の心無い一言でイライラさせられた経験は1度はあるのではないでしょうか。

 

まぁ、今となっては笑い話ですけどね。

しかし悪阻は辛かった…もう2度と味わいたくないです。

前回妊娠に気付く前に風邪薬を飲んでしまって不安になった話を書きましたが、ここまで悪阻で栄養失調状態になるとそっちの方が心配で、風邪薬のことなんて些細なこととなりました…。

妊娠発覚時の不安あるある

ブログの方向性も固まりましたので…

我が子はもう1歳になりましたが、妊娠時から振り返ってみたいと思います!

 

妊娠した!やったー!でも…

そろそろ子供が欲しいなと思っていたので、特に避妊はしていなかったものの、

今妊娠すると早生まれだなーできれば5月〜秋くらいの生まれが良いかなーと思っていたので、

そんなに積極的に子作りしていたわけではありませんでした。

そんな矢先の妊娠発覚!できるときはできるんだな☆

やったー!早生まれだって全然オッケー!

自分の歳考えたら少しでも早い方が♪

 

でも…そこで襲ってくる不安…

バイ!1週間前に風邪薬飲んでる!!!

大丈夫か?イヤ、あのくらい大丈夫っしょ!市販薬を少し飲んだだけ…

デモ大丈夫か?!何かあったらどうしよう…

 

これ、あるあるですよね。

薬に限らず、アルコールとかもですけど。

バイ!ちょっと前に泥酔するほど呑んじゃった!とかね。

 

しかも、お医者さんに言っても「大丈夫ですよ」とは言ってくれないんですよね〜

「そのくらいなら影響の出る可能性は低いと思いますよ」とかそんな感じのことを言われた気がします。

 

結局、無事に産まれてくれたので忘れかけてましたが、

妊娠発覚から悪阻で倒れるまでしばらく不安だったのを思い出しました…。

悪阻の話はまた次回!

ブログの方向性を決めました

思ったことをどんどん書いていこうと思っていましたが…

自分でもよくわからなくなってしまいそうなので、

方向性を決めました。

ブログのタイトルはまだ悩んでいますが…。

 

とりあえず、子育てについての不安とハッピーをまとめていきたいと思います!

 

タイトルは…候補を挙げてみて考えます。

 

えりけんの子育て日記~不安もイライラもハッピーもあるよね~

子育てあるある!不安?イライラ?幸せ!

子育ての不安あるある ~でも不安だけじゃないよね!~

子育てあるある ~可愛いけど不安でしかたない~

子育てあるある日記 ~不安もイライラも、キュンキュンも!~

子育てのあるある日記 ~不安もイライラも、きゅんきゅんも!~

 

書いてみるとわかりやすいですよね。

 

ひとまず、

子育てあるある日記 ~不安もイライラも、キュンキュンも!~

でいきます!

また気が向いたら変えるかもしれませんが。。